3DCG向けパソコンはWindowsとMacのどちらがよいのか

CG向けパソコンはWindowsかMacか

3DCG向けパソコンとして、WindowsMacのどちらを選べばよいのかについて考えてみます。

2018年現在、CG向けパソコンはWindows一択

ワンコ先生

2018年現在、CG向けのパソコンは、ずばりWindowsじゃ!
いきなり結論!でもiMac Proというハイスペックなマシンも登場しましたよね。

菊千代

ワンコ先生

確かに高性能なMacもあるのう。しかし現状ではCG向けとしては、Windowsの方が有利なことが多いのじゃ。その理由を詳しく説明するぞ。

CG向けパソコンとしてWindowsを勧める4つの理由

ワンコ先生

Windowsの主な利点は次のとおりじゃ。順に詳しく見ていこうかのう。
  1. 自由にカスタマイズできる
  2. 初期導入コストを抑えられる
  3. NvidiaのGPUが利用できる
  4. Windowsでしか使えないソフトがある

自由にカスタマイズできる

Windows OSは自作パソコンにもインストール可能。希望に応じて自由に構成を決められます。

ショップで販売されているCG向けパソコンを購入すれば、自作する必要もありません。パソコン購入後も一部のパーツを自分で変更したり、ディスクやメモリを追加するなどアップデートも可能。

MacはOSの単体購入や、別のパソコンへのインストールはできません。

ハードウェアのカスタマイズも購入時に行うことが基本で、購入後に自身でカスタマイズすることはほぼ不可能です(Mac Proは、その他のMacと比べると少し自由度があります)。

MEMO
現在のMac Proの拡張性の低さはAppleも認めており、次期モデルでは改善することを明言しています。
参考 とうとう…完全新設計の「新型 Mac Pro」来年以降に登場GIZMODO

初期導入コストを抑えられる

MacにはiMac Proのようなハイスペックマシンもあり、AppleもCGソフトのベンチマークを掲載して、性能の高さをアピールしています。

しかしiMac Proは約56万円(税別)からと高額。Mac Proは約30万円(税別)で、iMac Proよりは安いもののアップデートが遅く、いまだにThunderbolt 2のまま。

Windowsなら、予算や必要スペックに応じて最適なマシン構成が選べるので、最初は10万円台の構成にしておいて、CPUやGPU(グラフィックボード)は、後日アップグレードということも可能です。

NvidiaのGPUが利用できる

昨今のCGソフトは、レンダリングなど、様々な処理にGPUパワーが活用できるようになっており、GPUはCGにとって欠かせない存在になっています。

多くのCGソフトがサポートしているGPUはNvidia製ですが、最新のMacに搭載されているのは、AMD製のGPUのみ。

バージョン10.13.4以上のmacOSで、Thunderbolt 3ポートを搭載したMacでは外付GPUが使えるようになりましたが、公式にサポートされているのはAMD製のGPUだけです。

参考 最新のmacOSで外付けGPUが公式サポート。ただしAMDのグラフィックスカードのみ使用可能engadget
MEMO

GPUコンピューティングの開発環境としては、Nvidiaが提供するCUDA(Compute Unified Device Archtecture)と、Appleが仕様を提案し、Khronosが規格を策定しているOpenCLなどがあります。

CUDAはNvidiaの独自規格ながら、利用者数やライブラリ群の整備状況も圧倒的に優勢で、NvidiaのGPUにも最適化されていることから、事実上の業界標準のような状況のようです。

参考 CUDAとOpenCLどっちがいいの?Qiita 参考 OpenCLとはニコニコ大百科(仮) 参考 OpenCLWikipedia 参考 第1回 「GPUコンピューティングおよびCUDAについて」日本GPUコンピューティングパートナーシップ

Windowsでしか使えないソフトがある

主なCGソフトのうち、3DS MAX、Quixel SUITEは、Windows版のみ提供されています。Mac版のみ提供されていて、Windows版はないというものはありません。

ほとんどのCGソフトはMac版もありますが、選択の幅を少しでも狭めたくない場合はWindowsの方がよいですね。

MEMO
Parallels Desktopのような仮想化ソフトや、Boot Campという機能を使って、MacにWindowsをインストールできます。しかしCGソフトのようにマシンスペックが必要になる用途であれば、無用のトラブルを避けるためにも最初からWindowsマシンにしておく方がよいでしょう。
CGソフトの種類 統合型から特化型まで主な3DCGソフトの種類

MacではCG制作を行うべきではないのか

MacはCGに向かないのか

CGWORLDによるCGプロダクションへのアンケート結果は、「CG制作にはWindows」を裏付けるかのような状況になっていて、パソコンはWindows、GPUもNvidiaが圧倒的に多いです。

参考 2017年を前に業界標準のスペックを見定める CGプロダクション制作環境一斉調査CGWORLD

もはやCG制作にMacを使う理由はないのかと思えますが、必ずしもそんなことはありません。

GPUの活用を考えなければ、iMac ProなどCG制作でも利用可能なハイスペックマシンも用意されているし(高額ですが)、モデリングや静止画作成などの用途なら、下位グレードのMacでも十分な場合もあります。

またmacOS標準フォントのヒラギノやHelveticaは、商用利用可能です。WindowsでHelveticaを商用利用したい場合は、別途フォントを購入しなくてはいけません。

CG制作環境としてのMacは、現状では期待と不安が半々な状況

2018年現在のCG制作環境は、Windowsが圧倒的に優位であることはわかってもらえたと思います。

しかしAppleが開発中の新しいMac Proは、2018年以降に登場するとのことで、要注目。

ただAppleはCPUをIntelから独自のものに切り替えるのではないかという報道もあり、この点は不安なところ。

参考 Apple Plans to Use Its Own Chips in Macs From 2020, Replacing IntelBloomberg

かつてAppleは、IBM、モトローラと共同開発したPowerPCというCPUをMacに搭載していましたが、あるときこれらを一斉にIntel製CPUに変更。当時のMacユーザーは、この環境の激変によって大きな影響を受けました。

再び脱Intelという報道はAppleの公式発表ではありませんが、現在、MacでCG制作をしている人達にとっては見過ごせないお話といえそうです。