[Redshift] Round Corners ノードの使い方

RS Round Corners

Cinema 4D 版RedshiftのRound Cornersノードの使い方をC3D YouTubeチャンネルで公開しました。本記事ではその概要をお伝えします。詳しい内容は、YouTubeをご覧ください。

Round Corners とは

Round Cornersは、エッジベベルのような効果を出すノードです。エッジベベルを使った面取りは、複雑な形状になってくると大変手間がかかりますし、ポリゴン数も増えます。しかしRound Cornersを使えば、簡単にすべてのエッジに丸みを付けることが可能です。

RS Round Corners

Round Corners のパラメータ

Round Cornersには、次の3つのパラメータがあります。

  • Radius
  • Num Samples
  • Consider Same Object Only

Radius

ベベル(丸み)の強さを調整します。数値を上げすぎると不具合が出る場合があるので、注意が必要です。Round Cornersは、あくまでもシェーダーとして擬似的に面取りされたように見せているため、ベベルの幅はそれほど大きくはできません。

Num Samples

計算をするときのサンプル数の設定。数値を上げればベベルがより滑らかになりますが、レンダリング時間が長くなるので、Radius同様に数値を上げすぎないようにしましょう。

Consider Same Object Only

Round Cornersでは、複数のオブジェクトが重なり合ってできたエッジにもベベルのような丸みをつけてくれます。Consider Same Object Onlyにチェックを入れると、オブジェクトが重なった部分だけは丸み付けされません。その他の部分には、ベベルの効果が保たれます。

使いどころによっては非常に役立つRound Corners

ベベルを細かく設定したい場合には、エッジベベルなどを使ってモデリングするのが有効ですが、複雑なオブジェクト全体のエッジに素早く丸みを付けたいような場合には、Round Cornersが役立ちます。使いどころの見極めが重要ですね。