C3D NEWS vol.59: AIを活用したモーキャプサービスPlaskを試してみた

c3d-news-vol59

こんにちは、いわいです。公私ともに多忙につき、新作を出せていなかったYouTubeを1ヶ月ぶりに更新。Plaskという無料モーションキャプチャーサービスのレビューです。今週はそちらのお話をトップにしました。

引き続き多忙につき、今週はネタ少なめです。すません!

スマホ撮影動画でも簡単にモーキャプできるPlaskを試してみた

AIを活用したモーションキャプチャーサービスPlaskは、無料で利用可能なオンラインサービス。パソコンのウェブカメラや、スマホなどで撮影した動画を使ってモーションキャプチャーが可能です。

従来のモーションキャプチャーは体中にトラッカーを付けて、高額な機材やソフトで撮影・解析という印象。もちろん高度なモーションキャプチャーは現在でもそのような方法で行っていると思いますが、Plaskのようなサービスで、個人制作用のモーションキャプチャーがお手軽にできるのは魅力的。利用者が増えてきたら有料化、または無料版は機能制限とかになりそうな気もしますが、いまのところは完全に無料。

実際に試してみましたが、モーキャプの精度は高いと感じました。ただ接地がうまくいかない感じ。詳しくはYouTubeをご覧ください。

スペキュラー/グロシネスワークフローで作られたマテリアルにも対応したLight Tracer Render 2.2.1リリース

Light Tracer Renderの新バージョン、2.2.1がリリースされました。旧来のスペキュラー/グロシネスワークフロー3Dアセットからもマテリアルをインポートできるのだそうです。Light Tracer Renderは無料のウェブ版もありますし、レンダリング結果は非常に美しいと思います。過去にレビュー記事も書いているので、興味のある方は御覧ください。

Light Tracer Render高速プレビューで高品質なGPUレンダラーLight Tracer Render徹底レビュー【AD】

Photoshopで髪の切り抜きで残った背景を除去する方法

Photoshopで「不要なカラーの除去」を使うと、髪の毛の切り抜きで残った背景をきれいにできるそうです。こういうチップスは無限にありそう。Adobe系はユーザー数も多いので検索すると解決策がだいたい見つかるというのも強みの1つですね~

Premiere Pro用プラグイン「Silence Remover」

映像の無言部分を自動的にカットしてくれる「Silence Remover」というPremiere Pro用のプラグインがめちゃくちゃよさげ。YouTube用の動画を編集する際、無言部分は手動でカットしていますが、これが結構時間がかかります。

Silence Removerならこれが瞬時にできるわけですよね。これは試してみて本当ちゃんと処理してくれるなら買います。

あとがき

ワンコ先生

初めて足の指が霜焼けになってしまい、対策として「やわらか湯たんぽ」なるものを購入。まあまあお高いんですが、足が柔かい暖かさに包まれて商品の謳い文句どおり「足湯」の気分。これは家電には真似ができません。

私は両足用を買いましたが、スリッパタイプとかもあります。届いた当日に2個目を注文したぐらいには気に入りました。めちゃよい。