C3D NEWS vol.50: Blender 3.0が正式リリース

c3d-news-vol50

こんにちは、いわいです。今週はついに正式リリースされたBlender3.0がトップニュース。Blender 2.Xの段階ですでに様々な新機能が搭載されていますが、それらがさらに強化された感じの印象。いやはや、どこまで進化するやら。

Blender 3.0が正式リリース

すでにUIも一新されて爆発的にユーザー数が増えているBlenderですが、このたび正式にメジャーアップデート版であるBlender 3.0がリリースされました。Cycles Xやジオメトリーノードなどはバージョン2.Xでも利用できましたが、3.0になってCycles Xは速度が向上し、ジオメトリーノードもノードが100以上に増えたとのこと。

アセットブラウザは、同じ名前の機能がCinema 4Dにもありますが、Blenderの方も似たようなもののようです。Cinema 4Dで実感していますが、このようなアセット管理の仕組みは作業効率にも直結するので非常に重要。Blenderもさらに快適になることでしょう。

Blenderはぜひ使ってみたいと思いつつ、Cinema 4Dもままならない状態なので中々手が出ません…

UE5の映画マトリックスを使った技術デモが圧巻

Unrealのデモにはいつも驚かされますが、今回も開いた口が塞がらない凄まじいものになっています。Unrealを使えば少人数で壮大なスケールの映画ができてしまいそう。重い処理をクラウドに任せて、スマホやタブレットで映画製作なんてことも近い将来、普通にできそうですね…

毎日コツコツが大きな差を生む

これはなにもCGに限ったことではありませんが、どの世界でも一線級のプロの人達は日々研鑽しているのではないでしょうか。誰よりもうまくなりたかったら、時間を積み重ねるしかないと思います。

SSDがちゃんと速度出ているか確認した方がよいかも

Windows 10の初期設定で、PCI Expressが省電力になっているらしく、それによってSSDの速度がきちんと出ないことがあるようです。このような制限がしてある本当の理由はわかりません。ただ電力に見合わない量の機器を搭載してしまい、まともに動作しなくなるようなことを避けるためかななんて推察してます。いずれにしてもディスクの読み書き速度は確認した方がよさそうですね。

好みの作品達

街の風景に巨大な女の子のキャラクターを合成した作品。デフォルメされたキャラクターが、実写の街に見事に馴染んでいて、クリエイターの方の技術力の高さがわかります。キャラクターそのものも魅力的だし、素敵です。

こちらはCGではありませんが、映像表現ではおなじみのグリッチを実体化させた作品。映像のノイズを実体化という発想や、たぬきがモチーフなところなどセンスありまくり。他にもおもしろい表現をされているクリエイターさんです。カプセルトイ化されたら買う。

あとがき

ワンコ先生

先週ご紹介したハンディクリーナーと静電気防止ブラシが届きました。早速試してみましたが、ハンディクリーナーは質感に安っぽさもなく、試したところスマホが持ち上がるほどの吸引力。ブラシは化粧にも使えるんじゃないかと思える肌触りのよさで、ガジェットの掃除に使っても傷付ける心配はありません。ブラシでほこりを払いながら、クリーナーで吸わせてます。(^^

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,227 (2022/07/01 17:44:07時点 Amazon調べ-詳細)