C3D NEWS vol.42: きゃりーぱみゅぱみゅ新曲を映像作品で利用可能に

c3d-news-vol42


こんにちは、いわいです。今週は、きゃりーぱみゅぱみゅの新曲が2022年4月末までの期間限定で映像作品で利用可能というニュースをトップにしました。どんな作品が生まれるのか楽しみ。他にはCGWクリエイティブカンファレンスやUVマップをアニメーションさせるアイデアなど、ネタ満載でお送りします〜!

きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「どどんぱ」が期間限定で映像作品で利用可能に

きゃりーぱみゅぱみゅさんの新曲「どどんぱ」が映像制作に使うことでき、収益化も許諾ということで、中々大胆な試みだなと思います。どんな感じで盛り上がっていくのか楽しみ。優れた作品は、きゃりーさんの公式YouTubeチャンネルなどでも紹介されるとのことで、クリエイターにとってはチャンスかも。ルールはあるのできちんと守って制作しましょう。以下、オリコンからの引用。

(前略)また、クリエイターに向けて同曲を使用した映像制作を後押しし、所属レコード会社の日本コロムビアは、ルールにのっとる形であれば動画サイトでの収益化(マネタイズ)を許諾すると発表した。

来年4月30日までの期間に限り、「著作権許容範囲での創作物への利用」であり、「無断転載や違法コピー」「特定商品の宣伝」「公序良俗や法律違反」などの動画を除き、二次創作の収益化が可能。条件を満たすコンテンツであれば、期間終了後も映像が削除要請されることはないという。

ハッシュタグ「#どどんぱ」「#DODONPA」をつけて世界中からの投稿を呼びかけており、優れた二次創作動画は、きゃりーの公式YouTubeチャンネルのプレイリストや、TikTokで紹介していく。

https://www.oricon.co.jp/news/2210237/full/

きゃりーぱみゅぱみゅさんとは「きみがいいねくれたら」という曲のMVでダンボールで衣装を制作させていただき、現場をご一緒しました。MVの監督さんもとてもよい方でMVのエンドロールに制作者として名前をクレジットしていただいたのはよい思い出。またこんな素晴らしいお仕事ができるように頑張らねば。

CGWorldクリエイティブカンファレンス

CGWORLDクリエイティブカンファレンスが今年も開催。11月8日(月)〜12日(金)の平日5日間に開催されるそうです。無料で視聴できます。ありがたや〜

超絶クオリティファンアート ゴジラVSガメラが公開

先週のニュースでも取り上げた、うえさんによるファンアート、ゴジラVSガメラがついに公開されました。ここまで作れるようになると楽しそうだけど、どれだけのマシンパワーと時間が必要になるんでしょうかね…

UVをアニメーションさせるアイデア

ポリゴンではなく、UVマップを動かすことでアニメーションを作るというアイデア。なるほど、これは効率的で賢い!

Blenderのグリースペンシルが楽しげ

星子さんによるBlenderのグリースペンシルの解説。星子さんのお話は何でも楽しく聞こえてステキ。しかしグリースペンシルを使うとこんなことができちゃうんですね〜

アイデアが素晴らしいZoziさんの実写合成作品

Zoziさんの実写合成は、技術とアイデアが融合してて昔からとても好きです。ユーモアのセンスもよいな〜

OSL(Open Shading Language)

YokoharaさんのツイートでOSL(Open Shading Language)を知り、調べてみたんですが、これ業界標準になってるんですね。全然しらんかったわ…

Cinema 4D版のRedshiftで再現して、その方法をYouTubeでも公開しました。ご興味があれば、ご覧ください。

あとがき

ワンコ先生

C3DのYouTubeチャンネル、お陰様でほぼ毎日少しずつ登録者が増えています。いまのところ、RedshiftやCinema 4Dのお話ばかりですが、CG全般のお話とか、CGのための英語のお話とかもしていくつもりです。よろしければ、ぜひチャンネル登録を〜(^o^)/