プレステ5を使ったUE5のデモが圧倒的すぎて騒然

ホーム C3Dフォーラム (ベータ) Unreal Engine プレステ5を使ったUE5のデモが圧倒的すぎて騒然

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にいわいいわいにより4ヶ月、 2週前に更新されました。
0件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #5265
      いわいいわい
      モデレーター

      UE5のデモ、もはや実写クオリティですごすぎますね…ZBrushやCADのデータもそのまま持ち込んで表示できるとか、もはや意味がわかりません。

      以下、でも映像の字幕書き起こしです。

      • 動的グローバルイルミネーション(美しいバウンスライトを即座に得られる)
      • ゲーム制作でワールドを静的にするという制限がなくなる
      • イテレーション速度が大幅に向上
      • 新しいシステム名はLumen
      • 完全に仮想化されたジオメトリ(ポリゴン数、ドローコール、メモリは気にしなくてよい)
      • 映画品質のアセットをそのまま持ち込んで利用可能
      • ZBrushモデル、フォトグラメトリスキャン、CADデータもそのまま持ち込めて、LODの最適化や品質低下なしにインポート可能(技術名はNanite)

      デモ映像について

      • Playstation5を使ったデモ
      • 大部分はQuixel Megascanを使ったアセット
      • 使用されているのは、ゲーム版ではなく、映画品質版のアセット
      • 各アセットには百万程度の三角ポリゴンがある
      • 仮想化テクスチャにより8K解像度のテクスチャを使用
      • 各フレームのソースジオメトリのポリゴン数は合計10億を超える
      • Naniteは、このソースを劣化なしに2000万の描画ポリゴンに変える
      • ライティングはすべて動的(リアルタイム処理)で複数回バウンスGIも含まれる(ライトマップ、ベイクなし)
      • オーディオは実際の空間から計測したリバーブ特性を仮想空間で再現可能(デモでは洞窟からサンプリング)
      • サウンドフィールドレンダリングにより、空間化されたオーディオを録音し再生可能
      • Niagaraエフェクトシステムでは、パーティクルは互いに通信を行って環境も知覚する
      • 落石の剛体シミュレーション、スカーフのクロスシミュレーションも正確に行っている
      • キャラクターのIKや体の姿勢も動的に調整
      • キャラクターと環境が現実的なインタラクションを行うように、シームレスなコンテキストベースのアニメーションイベントをトリガーできるようになった
      • 動的GIでは、すべての光源を動かすことができ、動いても美しいバウンスライティングは失われない
      • 動的ライティングは、スペキュラにも有効
      • デモに登場する虫の大群は、ライトに反応させている(光で照らされて逃げている)
      • 登場する銅像はZBrushからの直接インポートで、三角ポリゴン数は3300万超え(法線マップのベイクも、LODもなし)、そのレベルの銅像を部屋に500体あり、合計で像だけでも160億ポリゴン
      • でも全体では数千億の三角ポリゴン

      Unreal Engine 5 初公開

0件の返信スレッドを表示中
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。